文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

医療・健康・介護のニュース・解説

谷本道哉のすぐやる健康体操「側屈」超ラジオ体操編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 すぐやる健康体操を続けて、体を動かすことが楽しくなってきた人も多いはず。そんな皆さんへ、「筋肉は裏切らない」の決めゼリフでおなじみの近畿大・谷本道哉准教授が、全身をほぐす動的ストレッチとして考案、推奨している「超ラジオ体操」を紹介します。一つ一つの動きが「超丁寧に」解説されますから、今すぐやれば「超快適で超幸せ」になれるでしょう。今回は「側屈」です。

谷本道哉のすぐやる健康体操「側屈」超ラジオ体操編 谷本道哉のすぐやる健康体操「側屈」超ラジオ体操編

背骨周りがチョー気持ちいい 手は骨盤の少し上

 日常の中で、背中を横に曲げる機会はあまりありません。ということは、動かせばそれだけよくほぐれます。体を横に曲げることは、実は背骨を引っ張る動きにもなっています。側屈では右、左と片側ずつ引っ張って伸ばしているので、とても気持ちがいいんですね。

 体を横に曲げる動きを、腕の振りを使って順番に一つずつ、丁寧に行っていきます。まず、首を曲げ、続いて腰に手をあてて背中を横に曲げます。この時、手は骨盤よりも少し上に置いてください。そうすれば、そこを支点に大きく曲げることができます。最後に股関節から全体で大きく曲げます。腕の振りを使えば効果的にできますよ。

手を組んで伸びるアレンジ版

 さらに、ここから別のアレンジを加えます。まず手を組んで大きく上に向かって伸びをします。そこから倒す側の手で引っ張りながら体をぐーんと曲げます。こうすることで、しっかり曲げることができますし、広背筋こうはいきんという筋肉もよく伸びます。最後に股関節から全体で大きく横に曲げます。

 手を組まずに横に曲げる動きを左右に一往復した後、今度は手を組んで左右一往復をゆっくり丁寧に行ってください。(次回は「手を上下」)

プロフィル

 たにもと・みちや 1972年生まれ、静岡県出身。大阪大学工学部卒、東京大学大学院で博士号を取得。2013年から近畿大生物理工学部准教授として、筋生理学などを教える。NHK番組「みんなで筋肉体操」など、筋トレの指導役としても活躍。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事