文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

手作りショウガ漬け… 味のポイントは生ショウガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、簡単箸休めレシピ「手作りショウガ漬け」のご紹介です。見た目にもきれいなこの漬物、給食では、即席漬けとして登場し、お家では箸休めや常備菜にもなる自慢の一品です。

 味のポイントは「生ショウガ」です。チューブに入ったすりおろしショウガよりも、香りと味が強く、口に入れた時の差は歴然。ぜひ生ショウガで味わってほしいと思います。

 さて、食材で注目はダイコンです。根の部分は95%が水分で、ビタミンCとジアスターゼが豊富に含まれています。ジアスターゼは熱に弱いので、生で食べるのがおすすめです。

 ちなみにダイコンは1本で買うと安いので、丸ごと買いたい野菜ですが、使い切れないときもあります。おいしく保存するには、葉と根は切り分けましょう。葉から水分が蒸発してしまうので、すぐに切り分けて別々に保存し、新聞紙で包みましょう。包丁で切った使いかけのものはラップで包むといいですね。冷蔵庫にあれば重宝するのがダイコン。みそ汁やサラダや煮物にも使え、すりおろせば焼き魚のお供にぴったりです。

 それでは、おいしい手作りショウガ漬けを味わいましょう。

[作り方]

(1) ダイコン、ニンジンはいちょう切り、パプリカはスライス、キュウリは縦半分にしてから斜めスライスにする。ショウガはスライスして、5枚分ほどをせん切りにして使う。

(2) 保存用袋に野菜と調味料を入れて、空気を抜くようにして閉じる。軽くもみ込んでから冷蔵庫で30分寝かせれば完成。

※取り出しやすいように、容器に移し替えるのもおすすめです。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

<PR情報>

最新記事