文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

生なめこ汁…とろみがおいしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、キノコのおいしさを味わうみそ汁レシピ「生なめこ汁」のご紹介です。

 ナメコはキノコの仲間です。独特の食感がある上に、スープにとろみを付けてくれる食材です。学校では、ぬめりという言葉は使わずに、「とろみ」と言っています。「なめこ汁はとろみが出ておいしいよね」と言うと、おいしそうに感じる。できるだけおいしそうな言葉を探し、どれだけおいしそうに伝えられるか。言葉は、子どもたちの好き嫌い改善には、大切な要素です。

 ちなみに、キノコ類で、シイタケなどは、洗わないで表面の汚れなどを拭き取るくらいで使用するとよい、と言われています。ただ、生ナメコだけは少し流水で流すとよいです。汁に入れたときにとろみが付きすぎてしまうことがあるためです。

 たんぱく質摂取と、うま味アップのために、鶏肉を入れています。鶏肉とみその相性は抜群。うま味がたっぷり出た汁は、キノコにもぴったりです。

 生のナメコは、シメジと同じようにパック詰めで売られています。エノキと同じようにおがくずを使って栽培されており、一年を通して流通しています。カルシウム、鉄、銅、マグネシウムなども含み、栄養素が様々含まれています。簡単にできて、とてもおいしいなめこ汁を楽しみましょう。

[作り方]

(1) ナメコを小房に分け、流水でさっと流す。鶏肉とタケノコは食べやすい大きさに切る。ニンジンは短冊切り、コンニャクは、下ゆでしてから、拍子木切りにする。

(2) 鍋に水を入れて、タケノコとニンジンを入れて、中火にかける。火が通ったら、ナメコ、鶏肉、コンニャクを入れてそのまま加熱。

(3) 鶏肉に火が通ったら、和風だしのもととみそを入れて、味を調えて完成。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

<PR情報>

最新記事