文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

2件 のコメント

コメントを書く

防ぐための心得のように読ませて頂きました

RINJIN

追いつめられたときに、たよれる人がいないならSNSや相談機関、なかには心療内科へ連絡をという記事が多いのですが、じっくり読みやすく感じました。謎を探るのよりも、こんな人のどんなところに注意していくか。追い詰められる前の心得のように読ませていただきました。

違反報告

影響力のある人の自殺

ニコう

仕事やプライベートで順調にみえる人々が突然自ら命を断たれ、社会に大きな衝撃を与えました。とても驚き恐怖すら感じました。
またこの悲劇的な出来事への世間の反応にも違和感を覚えました。
自殺に至る人の内面は、当事者にならなければ理解はできません。
しかし、死を選んだ人を理解し、残された側にいて生きている人間が、生き続けていくために、コラムをヒントにさせていただこうと思いました。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。