文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

町田忍の昭和回想

回想サロン

バネはじけ 天井裏の 捕物帳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 昭和は遠くなりにけり--。銭湯や手描き看板をカメラにおさめ、お菓子のパッケージを収集するなど、庶民の暮らしを見つめてきた町田忍さんが、懐かしいあれこれをイラストにして回想します。みなさんも古いアルバムや本、新聞を引っ張り出し、町田さんのイラストと合わせて、昔を振り返ってみてはいかがでしょうか。
 記事の最後にコメント欄がありますので、よろしければ、あなたの懐かしい思い出を投稿してください。

ネズミ捕り

バネはじけ 天井裏の 捕物帳
バネはじけ 天井裏の 捕物帳

 今もネズミは都内の繁華街にいて、出合ってびっくりすることがある。ネズミは、いつの時代でも厄介者だ。むかし、天井裏でドタバタと活動しているネズミがいて、父が始末しようと奮闘していた。

 当時、どこの商店街にも1軒はあった「荒物屋」に、今回紹介するバネ式や捕獲網などのネズミ退治用器具は売られていた。ちなみに荒物屋とは、ザルやほうき、ちり取りなどの雑貨を扱う店のこと。

 ネズミ捕りには、写真のように、おりの中へと誘い込んで閉じ込めるタイプもあるが、一番手頃なのが絵に描いた板に強力なバネをつけたタイプ。金具の先に餌となるものを刺して、そこにバネをセットして棒で押さえておく。餌を食べようとネズミがその金具にさわると、バネがはじける。

 実際に仕掛けてみたところ、バネに挟まれて死んでいるネズミの始末に困った。最近のネズミは利口で、この手の捕獲器には引っかからないとか。現在でもたまに、「荒物店」「金物店」などで見かけるので、需要はあるのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

machida_shinobu_prof

町田 忍(まちだ・しのぶ)
1950年、東京都出身。庶民文化研究家、エッセイスト。銭湯や缶ジュースなど100を超える研究テーマを持つ。著書に「町田忍の手描き看板百景-美あり珍あり昭和あり-」(東海教育研究所)、「戦後新聞広告図鑑」(同)、「マッカーサーと征露丸」(芸文社)、「銭湯 『浮世の垢』も落とす庶民の社交場」(ミネルヴァ書房)など。

町田忍の昭和回想の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事