文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「体力維持のため」自転車で出前、副業で140万円稼いだ中学教諭を停職に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 副業の許可を受けずに飲食店の出前代行を行い、約140万円を稼いだなどとして、横浜市教育委員会は29日、市立中学校の男性教諭(53)を停職6か月の懲戒処分とした。

 市教委の発表によると、男性教諭は昨年7月~今年6月、平日の退勤後や土日など計255日間にわたり、アプリを通じた出前代行サービスの配達員として自転車で料理などを宅配し、報酬を得た。新型コロナウイルスの感染拡大で臨時休校中だった4~5月には、在宅勤務を申請していた9日間の勤務時間内に出前代行を行った。一日で27件の注文を請け負い、約1万5000円を稼いだこともあったという。

 市教委の聞き取りに対し、男性教諭は「体力維持のために自転車に乗っていた。継続するために配達という目的が必要だった」などと話しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事