文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

大衆演劇 幼児や小学生含む出演者6人感染…兵庫・明石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 兵庫県明石市は27日、市内の演劇場「明石ほんまち三白館みはくかん」で上演中の大衆演劇に出演していた劇団員6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 6人は幼児1人、小学生女児1人、10歳代男性1人、30歳代の男女3人で、9月1日から同劇場で上演されていた「スーパー兄弟!残暑を吹き飛ばす舞台を!」に出演していた。28日まで予定していた公演は26日以降、中止になった。

 同劇場では舞台と客席間の距離を空けるなど感染防止対策を取っており、観客に濃厚接触者はいないが、市は、念のため18~25日に1、2列目にいた観客約30人にPCR検査を行う方針。また、感染が確認された女児が通学する市立小学校は28日、臨時休校する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事