文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

鶏の山賊焼き…衣のサクサク食感とタレのうま味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、大人気の鶏肉レシピ「鶏の山賊焼き」のご紹介です。

 たっぷりの片栗粉で衣付けした鶏肉は、サクサクの食感、身はジューシーで、ご飯のおかずにも、お酒のつまみにもぴったりです。山賊焼きの作り方にはいくつかありますが、今回はおいしい特製ダレを上からかけて食べるタイプです。衣のサクサク食感とタレのうま味を味わうには、ぴったりの調理法です。

 食材で注目は、カラフルな色で食欲をそそるパプリカです。アキサンチンと呼ばれる色素やビタミンCなどに抗酸化作用があるといわれる成分も含まれていて、体をさび付かせず、活性酸素の害から守ってくれる役割を果たします。熱によって溶け出して体に取り入れやすくなるので、このレシピにぴったりです。

 タマネギも、健康を支える重要な食材です。タマネギに含まれる硫化アリルは、体の中で優れた効果を発揮します。疲労回復に必要なビタミンB1の吸収を助ける、血液の健康に役立つ、抗菌作用で風邪予防にも役立ちます。タマネギは熱を加えることで甘みを増します。このカラフルな特製タレは魚にも合うので、角切りの鮮やかな野菜ダレは覚えておくと重宝します。おいしい山賊焼きを楽しみましょう。

[作り方]

(1) ニンジン、パプリカ、タマネギ、キュウリを小さめの角切りにする。耐熱皿に野菜と(A)の調味料を入れ、ふわりとラップをして500Wで1分加熱する。

(2) 鶏もも肉に片栗粉をたっぷりとまぶす。フライパンを中火で加熱。いため用サラダ油を入れて、鶏もも肉をいためる。片面を5分ずつ、じっくりと火を通す。

(3) 蒸し焼き用の酒を入れて、フタをして2分加熱する。お皿に盛り付けてから、(1)のタレをかけて完成。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

<PR情報>

最新記事