文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

女優・竹内結子さん死去、所属事務所がコメント「驚きと悲しみで呆然」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

竹内結子さん(2018年3月撮影)

 女優の竹内結子さん(40)が27日未明、東京都渋谷区の自宅マンションでぐったりしているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。現場の状況から、警視庁は首つり自殺を図ったとみている。

 関係者によると、27日午前1時55分頃、竹内さんの夫で俳優の中林大樹さん(35)が、クローゼットの中で竹内さんを発見し、119番した。遺書は見つかっていないという。

 竹内さんは埼玉県出身。1999~2000年のNHK連続テレビ小説「あすか」でヒロインを演じ、注目を集めた。テレビドラマ「ランチの女王」「ストロベリーナイト」に出演したほか、映画「黄泉よみがえり」「いま、会いにゆきます」「春の雪」で、いずれも日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。07年公開の主演作「サイドカーに犬」でも数々の映画賞に輝いた。

 今年公開された映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」にも出演するなど、快活な女性から芯の通ったクールな女性まで幅広い役柄をこなした。

 05年に歌舞伎俳優の中村獅童さんと結婚し、男児をもうけたが、08年に離婚。19年に中林さんと再婚し、今年1月に男児を出産していた。今月1日には公式インスタグラムを更新し、CMキャラクターを務めるインスタントラーメンのイベントに参加した様子を紹介していた。

 所属事務所はホームページで竹内さんの死去を発表し、「あまりに突然の出来事で所属タレント、社員は驚きと悲しみで呆然ぼうぜんとしております。詳しい状況は現在確認中です」などとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事