文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

与論島クラスター、会合で伝統の黒糖焼酎回し飲みも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 鹿児島県は26日、同県最南端の与論島で7~8月、59人が感染した新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)について、飲食を伴う会合で出席者がマスクをつけていなかったり、医療従事者が発症後に勤務したりしたことなどが原因だったと明らかにした。

 同島では、7月22日から8月7日までに島民ら59人の感染が確認され、県が原因などを調べていた。

 発表によると、複数の感染者が出た会合では、特産の黒糖焼酎を朱色の杯に入れ、自己紹介やあいさつをしながら回し飲みする「与論 献奉けんぽう 」も行われていたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事