文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「ソファからの落下を否定できない」乳児揺さぶり重傷、母親に無罪判決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 岐阜県大垣市のアパートで2016年5月、生後約3か月の長男を激しく揺さぶり、脳に障害が残る重傷を負わせたとして、傷害罪に問われた被告の母親(27)に対し、岐阜地裁は25日、無罪(求刑・懲役5年)を言い渡した。

 虐待の兆候を示すとされる「乳幼児揺さぶられ症候群」(SBS)の認定が争点だったが、出口博章裁判長は「暴行によるものではなく、ソファからの落下である可能性を否定できない」と述べた。

 長男には、SBSの典型3症状とされる「急性硬膜下血腫」「網膜出血」「脳浮腫」がみられ、検察側は公判で「被告が暴力的な揺さぶりをしたとしか考えられない」と指摘していた。

 一方、弁護側は、長男が事件当日と1か月前の少なくとも2回、ソファから落ちたとし、「症状は低位落下でも起こりうる。診断結果だけでは揺さぶりとは証明できない」と無罪を主張していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事