文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

米のコロナ死者20万人突破…2か月で5万人増、冬に向け警戒強める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ワシントン=船越翔】米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、米国内の新型コロナウイルスによる死者数が22日(日本時間23日)、累計で20万人を超えた。米国の死者数は国別で最も多く、世界の死者数約97万人の2割を超えている。

 米国の感染者数は約690万人に上る。学校の再開や冬の到来などで感染がさらに広がる恐れもあり、各州の保健当局が警戒を強めている。

 集計によると、米国の累計死者数は7月末に15万人を超え、2か月弱で5万人増えた。1日あたりの死者数は7月下旬の時点で1000人超、現在は800人程度となっている。米ワシントン大は、この状況が続いた場合、米国の死者が年末までに約37万8000人に上る可能性があるとの試算を公表している。

 トランプ大統領は22日、記者団に「我々が適切に対応していなければ、もっと多くの死者が出ただろう」と述べ、米政府のコロナ対策に問題はないと強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事