文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

サツマイモのパウンドケーキ…給食では300人分が1回で焼き上がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、レシピ「サツマイモのパウンドケーキ」のご紹介です。食欲の秋、秋の味覚の一つであるサツマイモ。収穫時期は秋ですが、長期保存が可能です。さらに、調整された温度帯で保存をすることで、より甘味を増すことができるので、冬にも楽しめる食材です。

 サツマイモに含まれるアミラーゼという酵素は、でんぷんを分解して、甘味を高めるのが特徴です。切ると出てくる白い液は、ヤラピンという樹脂の一種。腸の 蠕動(ぜんどう) 運動を助ける作用があります。食物繊維も豊富で、ヤラピンと合わせておなかの健康に役立ちます。皮にも栄養が含まれており、ビタミン、ミネラル、アントシアニン、クロロゲン酸などと、体をさび付かせない効果のある抗酸化作用などが期待できます。

 給食では、大きな鉄板にクッキングシートを敷き、生地を流し入れて、鉄板10枚同時に焼き上げます。一つの鉄板から30人分に切り分けるので、300人分が1回で焼き上がります。焼き上がってくると学校中においしい香りが漂います。

 家庭用での焼き型、おすすめはありますか? という質問をよくいただきます。製菓専門店の物でなくても大丈夫です。おすすめはホームセンターやスーパーマーケットのプライベートブランドの商品が安価で高品質。便利です。私も600円で手に入れたパウンドケーキ型を使用しています。生地が型に貼り付かないテフロンコーティングがされていて軽量。

 デザートにも、おやつにもぴったりの、混ぜて焼くだけの簡単レシピ。ぜひ作ってみてください。

[作り方]

(1) サツマイモを半月切りにして、耐熱皿に入れて、ふわりとラップをして500Wで2分加熱する。冷蔵状態のバターを耐熱皿に入れて、ふわりとラップをして500Wで20~30秒加熱して軟らかくしておく。

(2) ボウルにバターと砂糖を入れて混ぜる(泡立て器で混ぜてもいいが、電動ハンドミキサーで高速5分混ぜるとホイップ状のバタークリームになり、よりおいしい)。

(3) (2)のボウルに全卵、薄力粉、ベーキングパウダーを、そしてバニラエッセンスを混ぜさらに(1)を加えて、パウンドケーキ型に流し入れる。

(4) オーブン予熱180度で30分焼いて完成。型から取りだし、食べやすい大きさに切り分ける。仕上げに粉砂糖をふるう。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事