文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[意思決定]続 私と人生会議1>思い共有「3回目」へ動く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[意思決定]続 私と人生会議<1>思い共有「3回目」へ動く

靖男さん(右から2人目)の自宅で再び顔を合わせた「人生会議」のメンバーたち(7月8日)

 元介護タクシーのドライバーで、肝硬変末期の武田靖男さん(68)の自宅(千葉県浦安市)が、2か月ぶりににぎわった。7月8日午後。靖男さんの2回目の「人生会議」に参加した10人のうち6人が、コロナ禍のなかで顔をそろえた。

 人生会議は、ACP(アドバンス・ケア・プランニング)の愛称だ。人生の最終段階に向け、本人が受けたい医療やケアについて、支えてくれる人たちと繰り返し話し合う。

 みんなが集まったのは、この2か月で、靖男さんの体調がガクンと落ちたためだ。今後のことを考えなければならない。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事