文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

綾瀬はるかさん、会津まつりでトーク「藩公行列は顔が筋肉痛に」…今年はコロナで行列中止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

トークショーで笑顔を見せる綾瀬はるかさん(20日、福島県会津若松市で)

 福島県会津若松市で20日始まった「会津まつり」に、NHK大河ドラマ「八重の桜」に主演した女優の綾瀬はるかさんが特別ゲストとして参加した。7年連続となり、トークショーでは会津への思いを語った。

 今年は新型コロナウイルス対策で恒例の会津藩公行列を中止し、規模を縮小して開催した。トークは、観覧を市民ら約800人に限定したイベント「先人感謝 市民のつどい」の一部として実施。綾瀬さんのほか、同市出身のジャーナリスト柳沢秀夫さん、会津松平家14代当主の松平保久もりひささん、室井照平市長が参加した。

 綾瀬さんは、藩公行列で沿道からもらう声援がうれしいと語り、「うれしくて笑っているけど、終わった後に顔が筋肉痛になる」と会場を沸かせた。会津の印象を「昔からの伝統を守り、静かな忍耐強さを感じて、とてもすがすがしい気持ちになる」と話した。

 鶴ヶ城の特設ステージでは、22日まで剣舞や和太鼓などのイベントが行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事