文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ちょうちん片手に心霊ツアー・宅配も…タクシー会社が新規顧客の獲得へ新サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

料理を宅配する石川近鉄タクシーの運転手(金沢市で)

 新型コロナウイルスの影響で各業界の業績が落ち込む中、石川県内のタクシー会社では、料理の宅配に参入したり、心霊ツアーを企画したりと新たなサービスに力を入れている。外出自粛に伴って観光客などのタクシー利用が減っており、新規顧客の獲得につなげて苦境を乗り切りたい考えだ。(石川泰平)

 「霊感のある方は、見えてしまうかもしれません」

 金沢市の石川近鉄タクシーが実施している「金沢魔界ツアー」。ちょうちんを片手に提げた運転手に導かれ、怪奇現象が多発するとされる神社やうっそうとした森の中など、同市内の計7か所を約2時間かけて巡る。

 各スポットにまつわる怪談も楽しめ、「ゾクッ」と涼しくなるような体験ができると人気だ。最後はお守りを受け取り、パワースポットで「お清め」を行って終了となる。料金は小型車が税込み1万4800円、中型車が同1万6400円という。

 同社では、新型コロナの影響で今年の3月以降、売り上げが激減し、8月は前年の半分ほどになった。特に落ち込みが激しい夜間の売り上げ回復を狙うとともに、遠出しづらい地元客にも身近な場所で楽しんでもらおうと、ツアーを企画。先月中旬から始め、これまで10件ほどの参加があった。

 また、同社では10年以上前から、顧客に飲食店の料理を配達したり、病院の薬を届けたりするサービス「お手伝いタクシー」を展開してきた。昨年までは利用が少なかったが、今年3月頃から料理の宅配を希望する人が増え、現在は月20件ほど依頼があるという。利用者からも、「多くの食べ物を運んでもらえる便利さに加え、人混みの中に買い物に出なくて済む」と好評だ。

 小松市に本社がある小松タクシーでも4月下旬から、提携する飲食店の料理を配達するサービスを始めた。多い月で20件ほどの注文があるといい、担当者は「新たなビジネスモデルを模索しようと始めたが、高齢者や交通弱者などの役にも立つことができ、感謝されている。当面サービスは続けたい」と話している。

 本来宅配には「一般貨物自動車運送事業」の許可が必要だが、国土交通省が4月から、道路運送法の特例措置としてタクシーでの飲食物の宅配を認可した。県内ではこのほか、プロタクシー(金沢市)や個人タクシーなど計15事業者(15日現在)が許可を得ている。

 石川近鉄タクシー取締役の池野学さん(62)は「タクシー会社が提供している様々なサービスを知らない人も多い。広く知ってもらい、タクシーを有効活用してもらいたい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事