文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ご長寿多いのは「畑仕事で体鍛えているから」…100歳以上の割合が日本一の県は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 敬老の日(21日)を前に、島根県は、県内の100歳以上の高齢者の状況(1日現在)をまとめた。100歳以上は15日時点の推計で、前年より145人多い860人となり、人口10万人あたり127・6人。全国(63・76人)の約2倍となり、2013年以降、8年連続で全国1位となった。

 内訳は、男性が115人(前年比34人増)、女性が745人(同111人増)で、女性が8割以上を占めた。市町村別では人口規模の大きい松江市が192人、出雲市が183人と多く、益田市の66人が続いた。

 一方、人口10万人あたりでは、吉賀町が341・63人と最多となり、2位は美郷町の340・68人、3位は川本町の286・9人と山間部の自治体が並んだ。

 県高齢者福祉課は「畑仕事で体を鍛えているほか、地域内でのつながりが強いことが、高齢者が元気で暮らせる要因となっているのではないか」と分析する。

 県内最高齢は、1910年(明治43年)生まれの益田市匹見町、藤井榮さん(110)となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事