文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「暴力団員が申請できないと知らなかった」…コロナ給付金100万円だまし取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの影響で収入が減った個人事業主らを支援する「持続化給付金」をだまし取ったとして、大阪府警西成署は17日、大阪市西成区、指定暴力団「酒梅組」の組員(54)ら3人を詐欺容疑で再逮捕したと発表した。中小企業庁によると、暴力団員が持続化給付金の不正受給容疑で逮捕されるのは全国で初めて。

 発表では、3人は5~6月、組員が経営するバーに対する給付金を受けようと、特設サイトに「暴力団員ではない」と偽った内容を入力して申請し、国から100万円を詐取した疑い。「暴力団員が申請できないとは知らなかった」と供述しているという。

 組員ら3人は8月、府の休業要請支援金50万円を詐取しようとしたとして、詐欺未遂容疑で逮捕されていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事