文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

医療・高齢者施設で全員検査を定期実施…感染継続地域で厚労省指針

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染者が多数確認され続けている地域にある医療機関や高齢者施設で、全ての職員や入院患者、入所者を対象に定期的な検査の実施を求める指針をまとめ、都道府県などに通知した。通知は15日付。

 クラスター(感染集団)が発生しているなど感染が拡大している地域では、医療機関や高齢者施設にウイルスが入り込むリスクが高い。持病のある人や高齢者は、感染すると重症化しやすい。厚労省は、こうした危うさに直面している高齢者やスタッフについて、定期的に検査を受けることが望ましいと判断した。

 高齢者のなかには移動が難しい人もいるため、保健所の職員らが施設などに出向いて検査をする体制作りの検討も求めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事