文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ワクチン接種は「来年の半ば以降」…米CDC、「極めてすぐ」繰り返すトランプ氏と食い違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

16日、米議会上院の公聴会で、ワクチン接種についての資料を掲げるCDCのレッドフィールド所長(AP)

 【ワシントン=船越翔】米疾病対策センター(CDC)のロバート・レッドフィールド所長は、16日の米議会上院の公聴会で、開発中の新型コロナウイルスワクチンの一般向け接種が、来年の半ば以降になるとの認識を示した。11月の大統領選前にも実用化させたいトランプ大統領との食い違いが露呈している。

 レッドフィールド氏は、「ワクチンを今年11~12月に利用できる可能性はあるが、供給は限られている」と指摘した。医療従事者などを優先して接種する考えで、一般国民への接種は「来年の第2四半期(4~6月)の後半以降になる」との見通しを明かした。

 この発言に対し、トランプ氏は16日の記者会見で、「年末までに少なくとも1億回分のワクチンを確保し、すぐに供給する」と語り、一般向けの接種が「極めてすぐに始まる」と従来の主張を繰り返した。レッドフィールド氏についても、「彼は間違っている。彼に電話したが、(議会で)混乱していたようだ」と述べた。

 米国では、バイオ企業モデルナや製薬大手ファイザーなどが、ワクチンの臨床試験を実施中だ。トランプ氏は米食品医薬品局(FDA)にも、ワクチンの緊急使用を早く許可するよう繰り返し求めている。

 トランプ氏がワクチンの早期実用化にこだわるのは、大統領選に向けた実績作りが狙いとみられる。野党・民主党が「政治利用だ」と批判しているほか、欧米の製薬大手9社も8日、安全性の重視を掲げる異例の共同声明を発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事