文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

もっと知りたい認知症

はんぺんポタージュ…和風のだし代わりにもなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回も簡単にできるスープのご紹介です。今回のとろみ付け食材は、コンビニでも購入でき、価格も安定している「はんぺん」です。さらに、はんぺんは、和風のだし代わりにもなるため、他の調味料を入れなくてもおいしくできあがる便利な食材です。

 豆乳は軽く温めることで、チーズが滑らかになり、混ざりやすくなります。温めても、冷たくしても、おいしく召し上がれる一品です。

  嚥下(えんげ) 機能に問題がなければ、クルトンやコーンなどをトッピングしてもいいですね。

[作り方]

(1) プロセスチーズは1cm角、はんぺんは2cm角に切る。

(2) 耐熱の器に(1)のチーズと、分量の半分の豆乳(または牛乳)を入れて、電子レンジで30秒~1分加熱する。

(3) (1)のはんぺんと(2)をすべてミキサーに入れて、しっかりと1分以上 攪拌(かくはん) して滑らかにする。

(4) 鍋にあけて、残りの豆乳を加えてかき混ぜながら、沸騰しないように温める。黒コショウやパセリをトッピングする。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事