文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

市販の蒸しパンを使ってしっとりケーキ…嚥下機能が低下した方に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 カステラや蒸しパンは、ぱさぱさしてのみ込みにくいため、 嚥下(えんげ) 機能が低下した方にとっては、食べにくいものとされています。こういった理由から、そのような方には、デイサービスなどのおやつに、カステラなどが提供される場合、ゼリーやムースなどの比較的のみ込みやすいものを代わりに提供することが多いのではないでしょうか。

 とある施設で、「いつも同じような代替品になってしまうので、たまには蒸しパンのようなものも提供したい。何かいいメニューはありませんか?」という相談を受けた時に、提案したのがこのメニューです。

 1~2人分であれば、ユニットなどにあるポットでもできますし、人数が多くなれば鍋で作ることもできます。加熱後冷やすことでスポンジ生地が落ち着き、しっとりとして滑らかさが増します。

 蒸しパンは甘いものが多いので、トッピングは甘くないヨーグルトや酸味のきいたソースがおすすめですが、ホイップクリームでもよいですね。

 嚥下機能が低下した方は、食べられる食材も限られてしまうことが多くみられます。毎回ではなくても、時々、こういったメニューを提供してみてはいかがでしょうか。

[作り方]

(1) ポリ袋に蒸しパンと牛乳を入れ、袋の上から軽く押して牛乳を蒸しパンに吸わせる。

(2) ポリ袋の空気を抜くようにして、上のほうで口を結ぶ。3分の1くらいの湯が入った電気ポットに入れ、98度設定で10分加熱する(鍋の場合は沸騰した湯に入れ、再沸騰してから10分加熱する)。

(3) 冷蔵庫で1時間程度冷やして、食べやすい大きさに切る。ヨーグルトやジャム、生クリームなどでトッピングする。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

<PR情報>

最新記事