文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

ゆるくとろみがついた食べやすいニンジンポタージュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回は、ご飯でとろみをつける滑らかなポタージュスープのご紹介です。

 私が訪問する方の中には、進行性の病気のため、少しずつ 嚥下(えんげ) 機能が低下し、食べられる食事の形態も限られてしまい、食事量も少しずつ低下する方がいます。

 病気が進行していく中で、「ゆるくとろみがついたスープはとても食べやすい」というお話を本人からお聞きしたときに、提案したメニューがこのレシピです。

 ご飯も、おかずも食べにくくなっていたその方にとって、一皿でたくさんの栄養がとれるこのメニューは、お気に入りの一品となりました。食事介助をする家族からも「食事を作るのも、食べてもらうのも以前より楽しくなりました」という言葉があり、ご家族は様々なアレンジスープを調理するようになっていきました。

 今回は、ニンジンとタマネギという、家庭に常備されていることが多い野菜を使用しましたが、季節の野菜をとり入れて作ってみてはいかがでしょうか。

 食事は栄養バランスや栄養価だけが目的ではありません。楽しい時間を共有するための環境づくりも大切な要素となります。

[作り方]

(1) ニンジンは、細い千切り、タマネギは繊維を断ち切る切り方で薄切りにする。

(2) 大きめの耐熱ボウルに(1)の野菜、ご飯、水、コンソメを入れて混ぜ合わせ、ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で5~8分加熱する。

(3) 野菜が軟らかくなったら、粗熱をとってミキサーに入れてしっかりと1分以上 攪拌(かくはん) し、滑らかになったら鍋に移して豆乳(または牛乳)・コーヒーミルク、マーガリンを加えて、軽く温めて味を調える。粉パセリなどをトッピングして出来上がり。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

<PR情報>

最新記事