文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

健康診断の受診者3割減、感染拡大の影響で中止・受診控え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今年1~9月の健康診断の受診者数は前年同期より3割以上減っているとの調査結果を、日本総合健診医学会と全国労働衛生団体連合会が発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による健診中止や受診控えが影響しているとみられる。

 2団体は7~8月、職場や学校などで健診を実施する459機関を対象に調査し、180機関(39%)から回答を得た。1~9月(8、9月は予約数)の受診者数は、前年同期より約700万人少ない約1400万人だった。特に、緊急事態宣言が発令されていた4~5月は前年の約2割に落ち込んでいた。6月以降は回復傾向にあった。

 同学会などは、健診は生活習慣病などの早期発見につながるとして受診を呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事