文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

若くして脳梗塞<5>闘病体験 患者の希望に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
若くして脳梗塞<5>闘病体験 患者の希望に

SNSの動画で「手話歌」を披露する、ゆるりさん

 脳 梗塞こうそく の後遺症に向き合い続けて6年余りになる福岡市内の「ゆるりさん」(36)は、SNSを活用して若い世代の患者向けに自らの体験を発信している。

 2014年3月下旬、職場の飲み会で発病した。1杯目のハイボールに続き、2杯目を飲もうとした時、店内がグルグル回るような感覚に襲われた。アルコールに弱いわけではないのに、これまで経験したことのない強烈な吐き気も押し寄せてきた。

 救急車で搬送された病院では「急性アルコール中毒」が疑われ、吐き気止めの点滴を受けた。家に帰された後も、 嘔吐おうと は止まらなかった。アルコールが原因と思えず、同居する母親に頼み、救急車を呼んだ。別の病院に搬送され、MRI(磁気共鳴画像)検査で、左の小脳の血管が詰まっていることが分かった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事