文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

プロ野球・Jリーグ観客、19日から「収容人数の50%まで」に緩和…コロナ分科会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 政府は11日、「新型コロナウイルス感染症対策分科会」の会合で、感染対策として行っているイベントの参加人数制限の緩和案を示した。プロ野球やJリーグなどの試合の観客については、19日から会場の収容人数の50%を上限として認めることが柱となる。

 イベントの参加人数制限は現在、「入場者数が5000人以内」か「収容人数の50%以内」のいずれか厳しい条件が適用され、プロ野球などは観客を5000人以内に抑えている。

 西村経済再生相は分科会の会合で「感染防止が徹底され、クラスター(感染集団)は発生していない」とした上で「(制限を)緩和したい」と述べた。

 政府案では、会場の収容人数が1万人を超える大規模イベントは、感染対策の徹底を条件に「5000人以内」の要件を撤廃する。実現すれば、会場の規模によっては数万人が参加するイベントが可能になる見込みだ。

 収容人数1万人以下では、客が声を出さないイベントに限って「50%以内」の制限をなくし、満席を認める。クラシックコンサートやミュージカルを含む演劇、歌舞伎などの古典芸能が対象となる。観客が声を出すライブハウスやロックコンサートは「50%以内」の制限を続ける。

 これらの制限緩和は19日以降の4連休からスタートする。11月末までを期限とし、12月以降は感染状況などを踏まえて再検討する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事