文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ピック病(認知症)介護『父と私の事件簿』

医療・健康・介護のコラム

真夏のベッドに毛布と電気あんかを持ち込んで…父は熱中症まっしぐら 汗だらだら父娘バトルの顛末

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

今度は猛暑に窓を開けっぱなしで

 「熱中症になるから、あんかは捨てた」と父には宣言したのだが、父はそれを信じていなかったのか、忘れたのか、私がいない間に戸棚や押し入れのすべてを捜し回ったようだ。「あんかを捜し回ったでしょ。もう捨てたからね」と言ったものの、父は納得せず、その後何度も私の留守中、探し回っているようだ。ピック病の自分のルールにこだわる症状に関係あるのかはわからないが、すごい執念。本当に処分してよかった。隠すだけだったら、私の留守中に絶対見つけて、使っていただろう。

 対策はとったものの、8月の気が狂うような暑さの中、油断はできないので、1日に1度か2度、父の部屋のドアを開けていたが、ある日、ものすごく部屋の空気が暑い時があった。「エアコンのスイッチは私が持っているのに、どういうこと?」と思ったら、敵は窓を開けているのだった。コロナ対策のワイドショーを見て、「テレビで、換気が必要と言っている」と言いはるが、父は窓を開けっ放しにしたまま、例によって、大汗をだらだらかいているのだ。「あ~もう!」。むだとは知りつつ、窓を開けても、すぐ閉めるように言った。

 窓を開けたままにするという新手のせいで、1日に何度も、父の部屋のドアを開けて確認しないといけなくなり、この夏は大層面倒くさかった。しかし、熱中症になられるほうが、何百倍も面倒なのだから仕方がない。この夏も多くの高齢者が、熱中症の犠牲になられている。「窓も開けず、エアコンもつけていなかった」「まちがって暖房になっていた」「設定温度が30度になっていた」など、どれもが父にも起こりうる。

水分補給にもひと苦労

 水分補給も意外に難しい。ペットボトルのお茶や水を渡しても、一口か二口飲んで床に置くと、もう飲まない。気が付くと、父のベッドの奥の床に、中身が入ったペットボトルが何本も並ぶことになる。かといって、何も渡さないと飲まないし、夜に寝起きの体で階段を下りて飲むと、転倒の危険がある。そこで今年の夏は、父の部屋がある2階の洗面台にコップを置き、夜は、父がトイレに立ったことに気づいたら、「水を飲んで」と声をかけることにした。また、ゼリー飲料は好きなようで、最後まで飲むことがわかったので、1日に一つ、ゼリー飲料を渡し、あとは食事の時のお茶や水で何とか脱水にはならなかったようだ。

 そろそろ涼しくなるようで多少ほっとするが、それはそれで、エアコンの適温を探らないといけないし、「寒い」と言って、勝手に父が冬用布団や毛布を出して、また大汗をかくかもしれないので、悩みの日々は続くだろう。願わくは、暑い日と肌寒い日が交じらず、涼しい日がずっと続きますように。(田中亜紀子 ライター)

3 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190329_atanaka-prof_200

田中亜紀子(たなか・あきこ)
 1963年神奈川県鎌倉市生まれ。日本女子大学文学部国文学科卒業後、OLを経て、ライター。女性のライフスタイルや、仕事について取材・執筆。女性誌・総合誌などでは、芸能人・文化人のロングインタビューなども手がける。著書に「満足できない女たち アラフォーは何を求めているのか」(PHP新書)、「39.9歳お気楽シングル終焉記」(WAVE出版)。2020年5月、新著「お父さんは認知症 父と娘の事件簿」(中公新書ラクレ)を出版。

ピック病(認知症)介護『父と私の事件簿』の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

家族はヒヤヒヤ

はなかすみ

我が家の母も前頭側頭型認知症です。 同じく暑さの感覚が鈍く、真夏でも窓閉め切って冬布団かぶって大汗かいていて危険でした。 昨年はエアコンの元のコ...

我が家の母も前頭側頭型認知症です。
同じく暑さの感覚が鈍く、真夏でも窓閉め切って冬布団かぶって大汗かいていて危険でした。
昨年はエアコンの元のコンセントまで抜いてしまうので、金具を取り付けて取れないようにしましたが、今年はもう探すそぶりもありません。(布団はかぶりたがるのですが、隣のベットに置いてあってもそれを使うとは繋がらないようです)

あぁ、母と同じだと読みながら、この一年で進行したんだなぁと実感した出来事でした。

ピック病の方の介護記録はあまりお見かけしないので、読めて良かったです。これから他の話題とご本も読んでみたいと思います。

ようやく涼しい日もでてきましたね。エアコン問題から少し解放されるのでホッとできるかな?どうぞお身体ご自愛ください。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事