文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

若くして脳梗塞<4>見落とされ 診断の遅れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
若くして脳梗塞<4>見落とされ 診断の遅れ

タブレット端末で仕事のメールをチェックする男性

 若い患者が脳 梗塞こうそく を発症した際、診断が遅れるケースも少なくない。

 東京都内の男性会社員(45)が2016年の秋に脳梗塞を発症したのは、自宅からほど近いゴルフ練習場だった。朝からレッスンを始めて1時間ほどすると、今まで感じたことのない激しい目まいと、吐き気に襲われ、思わずその場に座り込んでしまった。スタッフが呼んだ救急車で最寄りの大学病院に搬送された。

 CT(コンピューター断層撮影法)検査で脳に異常は見つからなかったという。この日は土曜日で、当直の外科医はメニエール病を疑った。ストレスや疲れ、睡眠不足をきっかけに、内耳にリンパ液が過剰にたまることで起こる病気だ。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事