文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

【独自】23区の熱中症死、8月最多195人・1日32人の日も…高齢者エアコン使わず 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京23区で8月に熱中症で死亡した人は195人(速報値)となり、8月としては統計が残る2007年以降で最多だったことが東京都監察医務院への取材でわかった。65歳以上が約9割(173人)を占め、ほとんどがエアコンを使用していなかった。

◎都内速報値

 都監察医務院によると、8月の死者は、これまで最多だった昨年8月(115人)を80人上回った。年代別では、80歳代が70人と最も多く、70歳代69人、60歳代22人、90歳以上は21人だった。

 184人(94・4%)が屋内で発見され、そのうち165人(89・7%)はエアコンがなかったか、あっても使っていなかった。最低気温が25度以上の熱帯夜が多かったこともあり、夜間帯(午後5時~午前5時)の死者が57人に上った。

 7月は平年より気温の低い日が続き、23区の熱中症死者はいなかった。だが、8月1日の梅雨明け以降、気温が急上昇し、一気に夏本番の暑さになると、11日に14人が死亡し、ピークの17日は、1日としては過去10年で最多となる32人が死亡した。

 都心では8月、日中の最高気温が35度以上の猛暑日を計11日記録した。都監察医務院は「暑さに体が慣れていない状態で、急に猛暑日や熱帯夜が続いたことが、死者の増加に影響しているのではないか」と分析している。

 気象庁によると、9月も平年より気温の高い日が多くなる見込みで、熱中症への注意が引き続き必要だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事