文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

一病息災

闘病記

[女優 高橋メアリージュンさん]子宮頸がん(1)「安心買う」つもりが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[女優 高橋メアリージュンさん]子宮頸がん(1)「安心買う」つもりが…

 「高橋さん、もうすぐ29歳になられるんですね。子宮 けい がん検診を受けたことはありますか」

 2016年の秋、かゆみの治療のために通院していた産婦人科の医師に勧められ、軽い気持ちで検診を受けた。子宮頸がん検診は、20歳以上での受診が推奨されている。

 ファッション誌の専属モデルなどを務めた後、女優としてデビューし、ドラマに映画にと多忙な毎日を送っていた。ジムで体を鍛えるなど健康には人一倍気を使っていた自信もあり、「安心を買う」くらいのつもりだった。

 ところが、予定の1週間後よりも早く、「病院に来てほしい」との電話。駆けつけると、「ちょっと結果が良くなかったので、大きな病院に行ってほしい」と言われた。

 その時点でも、まだ気持ちには余裕があった。周囲に、再検査を受けたが「結局は大丈夫だった」という友人が多かったためだ。数年前に、子宮頸がんワクチンの予防接種を受けていたのも理由だった。

 精密検査の結果は、「高度異形成」。がんではないものの、一歩手前の状態で、ほうっておくと、がんに進む可能性がある。

 「がんになるのは嫌なので、手術を受けたいです」。子宮頸部をレーザーで切除する 円錐えんすい 切除を受けた。だが、心配はそれでは終わらなかった。

女優 高橋メアリージュンさん(32)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一病息災の一覧を見る

最新記事