文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

若くして脳梗塞<1>目覚めたら左半身しびれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
若くして脳梗塞<1>目覚めたら左半身しびれ

「発症したばかりの時は、事の重大さに気づきませんでした」と語る有田さん

 「寝相が悪かったのかな」。2013年の冬、絵本作家の有田奈央さん(41)は、目覚めた時に感じた頭痛と左半身のしびれをその程度に思っていた。

 暖房を入れようと、そばにあるエアコンのリモコンに左手を伸ばそうとしたが、動かせない。疲れているのだろうと思い、保育園のパート勤務を休むことにした。もう一度眠り、再び目を覚ましたのは午後7時。半日たっても左半身のしびれは続いていた。おなかがすいたので冷蔵庫に向かおうとしたが、うまく立ち上がれない。連絡をして、自宅に来てくれた友人が有田さんの姿に驚き、慌てて救急車を呼んだ。

 搬送された地元の病院でMRI(磁気共鳴画像)の検査を受け、右側の脳の血管が詰まっていることが分かった。医師からは脳 梗塞こうそく と告げられた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事