文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

コロナと子ども<5>敏感な子 対応を柔軟に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「息を吸いながら肩を持ち上げ、吐き出しながら肩を後ろに回しましょう」。臨床心理士の馬場悠輔さん(38)のかけ声に合わせ、中学1年のA子さん(12)が深呼吸する。

 コミュニケーションや人間関係などに悩む子どもを対象に、東京都世田谷区の「みくりキッズくりにっく」で行われている発達支援プログラムの一こま。A子さんが取り組む「呼吸ストレッチ」は、呼吸のリズムを整え、気持ちを落ち着かせる効果があるという。

 周囲の雰囲気に敏感なA子さん。文京区在住だが、小学5年の時からクリニックに通い、月に1回、馬場さんのカウンセリングを受けている。母親(37)は「以前よりも感情の切り替えが上手になった」と話す。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事