文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

40代から備えよう「老後のお金」 楢戸ひかる

医療・健康・介護のコラム

「通院」「長期の薬剤治療」に備えるには? 合理的な医療保険選びで老後の安心を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ファイナンシャルプランナー向けの勉強会では、医師が講師を務めることが少なくありません。それは、なぜなのでしょうか?

「通院」「長期の薬剤治療」に備えるには? 合理的な医療保険選びで老後の安心を

イラスト:赤田咲子

FPが「医師のセミナー」をハシゴする理由

 コロナ以前の話ですが、「医師が講師のセミナー」を、ファイナンシャルプランナー(FP)の方々と1日で3件ハシゴしたことがあります。FPと医師。一見、あまり関わりがなさそうですが、ライフプランニングをする上で医療の進歩は念頭に置いておくべき項目です。たとえば、 がんの治療は、「長期入院」から「通院治療」にシフトしていることは以前、書きました

 今や、がんであっても入院期間は平均20日程度。そうであるなら、医療保険を「入院・手術の保障を得るもの」と漫然ととらえるのではなく、「私は、何のリスクをヘッジしたくて医療保険に入るのか?」という、主体的な問いが必要です。

薬剤治療は長期に及ぶことも

 ここに、興味深いデータがあります。メディケア生命保険が、全国の9疾病 (※) の患者4622人に対して行ったアンケートです。

 このアンケートを見ると、薬剤による治療は長期に及ぶようです。診断から5年以上経過した人に限ると、9疾病合計で、「5年以上の薬剤治療」を受けている人は60%を超えています。
(※)がん、心疾患、脳血管疾患、動脈・静脈疾患、腎疾患、肝疾患、 (すい) 疾患、糖尿病、脂質異常症

「通院」「長期の薬剤治療」に備えるには? 合理的な医療保険選びで老後の安心を

【調査概要】 調査名称…メディケア生命「2019年 9疾病患者への薬剤治療に関するアンケート調査」 調査対象…マクロミルのモニター会員を母集団とする9疾病を経験した男女(20歳以上) 調査期間…2019年12月24日~28日 調査方法…インターネットリサーチ 調査地域…全国 有効回答数4,622名
*記載の数値は小数点第2位以下を切り捨てているため、合計が100%とならない場合があります

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

narato-hikaru_prof

楢戸ひかる(ならと・ひかる)

マネーライター
 1969年生まれ。大手商社に勤務後、90年代よりマネー記事を執筆。「誰もが安心してお金のことを学ぶ場」である「お金のリビング」を主宰。その入り口として、「ザックリ家計簿」ワークショップをオンラインにて開講中。詳しくはホームページ「主婦er」で。
 お金の記事だけでなく、「家族」や「暮らし」についてもコンテンツ更新中。

40代から備えよう「老後のお金」 楢戸ひかるの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事