文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

うんこで救える命がある 石井洋介

医療・健康・介護のコラム

潰瘍性大腸炎「19歳で人工肛門、現在医師」の僕が今、伝えたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

大腸を全摘出しても肛門から排便可能にする手術

 ただし、がんを発症したり、内科的な治療でどうしても効果が得られなかったり、大出血を起こしたりと、命にかかわる状況になってしまうこともあります。その場合には、僕のように大腸を全摘出する手術をすることになります。以前は、大腸を摘出した後、人工肛門で過ごす方がほとんどでした。しかし、現在は小腸をJの字に加工して肛門につなぐ「 回腸嚢肛門管吻合術(かいちょうのうこうもんかんふんごうじゅつ) 」を行って、これまで通り、肛門から排便できるようにするのが一般的になりました。

 「病状が悪かったのであれば、早く手術したらよかったのでは」というご意見があるかも知れませんが、治療の進歩により、内科的にコントロールできる範囲が広がっています。手術をすれば、合併症や術後の機能障害など一定のリスクがあるため、どうしても内科的治療で効果が得られない場合の最終手段となっています。

難病があっても活躍できる寛容な社会を

 

潰瘍性大腸炎があっても、僕は医師として元気に働いています

 

 病気は誰にでも起こり得ます。難病があるからといって、就業に制限があったり、会食が非難されたりするようなことがあってはならないと思っています。僕は、潰瘍性大腸炎を発症した際に、「控えるべき食事リスト」を渡されました。今思えば、「病状が悪い時に控えた方がいい食べ物リスト」くらいの意味だったと思うのですが、当時は情報も少なく、忠実に食事制限をしていたところ、食べられるものがほとんどなくなってしまいました。高校の下校時に友人たちとファミレスに立ち寄ろうとなった時も、「自分は食べられるものがないから」と避けているうちにコミュニケーションがぎくしゃくして学校からも足が遠ざかり、社会との接点を失いかけた経験があります。

 食事制限を厳格に行うことは、病気のことだけを考えれば正しいのですが、それが人生に悪影響を与えるとなれば本末転倒ではないでしょうか。潰瘍性大腸炎をはじめ、一生涯付き合うことになる疾患は少なくありません。病気が人生に影響を及ぼすことは避けられませんが、病気を人生の中心にしなくてもいい世の中になってほしいと願っています。

 安倍首相に向けられた言葉の中には、「病人は病人らしく、わきまえて過ごすべきだ」といった趣旨のものがありましたが、これらは現在、治療している患者さんをも傷つける言葉だと思い、筆をとりました。疾患を持つ方の人生を「病気があるから」と制限するのではなく、病気の特徴を知り、その人の能力が最大限発揮されるよう、協力し合える社会になればいいなと思っています。(石井洋介 日本うんこ学会会長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ishiyousuke_prof

石井洋介(いしい・ようすけ)

 医師、日本うんこ学会会長

 2010年、高知大学卒業。横浜市立市民病院炎症性腸疾患科、厚生労働省医系技官などを歴任。大腸がんなどの知識の普及を目的としたスマホゲーム「うんコレ」を開発。13年には「日本うんこ学会」を設立し会長を務める。現在は、在宅医療を展開する「おうちの診療所 目黒」に勤務し、株式会社omniheal代表取締役、秋葉原内科saveクリニック共同代表、一般社団法人・高知医療再生機構特任医師などを兼務。著書に「19歳で人工肛門、偏差値30の僕が医師になって考えたこと」(PHP研究所)など。

うんこで救える命がある 石井洋介の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

結論が違います

n

「病人は病人らしく、わきまえて過ごすべきだ」というのは違うと思う。潰瘍性大腸炎もしくはあらゆる難病・障害による就業制限はないけれど、障害枠で作業...

「病人は病人らしく、わきまえて過ごすべきだ」というのは違うと思う。潰瘍性大腸炎もしくはあらゆる難病・障害による就業制限はないけれど、障害枠で作業労働をしているのではなく、社会的に責任ある仕事をしていれば、責任に応じた判断能力を維持するための体調管理は誰でも求められる。例えば脳神経外科医が今日は持病の調子が悪くて手術失敗しました、と言われて亡くなった患者の遺族は納得できるか?大型トラック運転手が持病の潰瘍性大腸炎が悪化してトイレに急ぎたかったと注意不足で子供を轢き殺して、仕方がないねで済ませられるか? そうした現実の問題に向き合わず、言葉の上っ面で「現在、治療している患者さんをも傷つける言葉だ」という医師がいる方が、色々抱えながら社会で生きている患者を傷づける言葉です。できない部分から目を逸らす上っ面では、「病気の特徴を知り、その人の能力が最大限発揮されるよう、協力し合える社会」は実現しません。

つづきを読む

違反報告

私もそうです。

にのみん

私も潰瘍性大腸炎の患者です。 今現在は寛解期ですが、薬はマックスで服用しています。 どの病気もそうだと思いますが、辛さや苦しみはなってみなければ...

私も潰瘍性大腸炎の患者です。
今現在は寛解期ですが、薬はマックスで服用しています。
どの病気もそうだと思いますが、辛さや苦しみはなってみなければわからないものですよね。
本人だってなりたくてなったわけじゃないし。
健康な人からはなかなか理解されないものでしょうね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事