文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

【1】ギャンブルの沼 4 共依存の家族が陥るワナ

シリーズ「依存症ニッポン」

共依存の家族が陥るワナ(上) 貯蓄も株券もすべてギャンブル資金に。妻がとった行動は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ギャンブル依存、家族の共依存(上)貯蓄も株券もすべてギャンブル資金に。妻がとった行動は

 別居中だった夫が、自宅に戻ってきた。皮肉なことに、きっかけは彼女自身に病気が見つかったことだった。

 千葉県に住むK子さん、60歳。2014年に、勤め先の健康診断で乳がんを指摘された。病院で再検査した結果、ステージ2Bの進行性で、リンパ節への転移も認められた。驚愕と恐怖、何よりも無念さに押しつぶされそうだった。

 このまま死ぬのは嫌だ。

 「長い間、ずっと我慢を重ねてきた。いつかは報われると信じていたのに、そんな日は来なかった。なんだったんだろう、私の人生……」

パチンコ好きな大学生と結婚して……

 K子さんが2歳年下の夫と結婚したのは1985年。大学を卒業した彼が、関西の金融関係の会社に就職した翌年だった。初任地の山口県で新生活をスタートさせた。

 学生のころから、彼はパチンコ好きだった。デート中にパチンコ店へ連れて行かれたこともしばしば。手元から弾かれていく球の行方に一喜一憂している彼の隣に座っていても、自分には何がおもしろいのかまったく理解できない。負けが込んで、すっかりお金を使い果たしても、「やられちゃったよ!」と彼はあっけらかんとしていた。

 当時の収入は、親からの仕送りとアルバイト。ときには生活費がショートしてしまい、親や友人から借金をすることもあった。それでも、大きな支障はなかった。

 まだ、学生だったのだ。

 「こういう人なんだ、と思っていました。今にして思えば、この段階でギャンブル依存の芽が吹き出していたように思います」 

 卒業後、彼が社会に出るのを待ち、2人が結婚したころ、日本はバブルに向かってアクセルを踏み込んでいた。80年代のちょうど真ん中。先進5か国が協調してドル安へと誘導した「プラザ合意」により、急激な円高が進んだものの、日本経済はその荒波を短期間で乗り越えた。その結果として始まった景気過熱に合わせるように、夫の帰宅も毎晩のように深夜になった。酒の匂いをさせていることもしょっちゅうだった。

 学生時代にあれほど好きだったパチンコを、家庭を持った後も続けているのかはわからなかったし、妻として干渉もしなかった。当時、夫の小遣いは5万円程度で、足りないと言われれば、その都度、補充した。

 ごく普通の若い夫婦。86年には長男、88年には次男を授かった。夫の様子に変化が見られるようになったのは、2人目が生まれたころだった。

 お金の無心をされる回数が増えていった。「後輩に金を貸した」「香典を出す」……。その都度、言われた額を黙って渡した。だが、夫の関心は、明らかに家族とは別のところに向いているように感じた。妻である自分のことも、生まれたばかりの2人目の子どものことも、ちゃんと見ていない。

 K子さんの心の中で、「ぼんやりとした不信」が大きくなっていった。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

someya_prof

染谷 一(そめや・はじめ)

読売新聞東京本社メディア局専門委員
 1988年読売新聞社入社、出版局、医療情報部、文化部、調査研究本部主任研究員、医療ネットワーク事務局専門委員などを経て、2019年6月から現職。

シリーズ「依存症ニッポン」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

【1】ギャンブルの沼 4 共依存の家族が陥るワナ

最新記事