文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

子どもの健康を考える「子なび」

医療・健康・介護のコラム

成長期のスポーツ(17)サッカー 腕や手のけがも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

  成長期のスポーツでは、日本スポーツ医学財団理事長の松本秀男さん(66)に聞きます。(聞き手・西原和紀)

成長期のスポーツ(17)サッカー 腕や手のけがも

 ボールに反応する瞬発力と走り続ける持久力。その両方が求められるサッカーは、外傷と障害がともに多くなっています。

 やはり目立つのが足のけがです。最も問題になるのが膝の「前十字 靱帯じんたい 」の損傷で、手術になることが多く、ジャンプの着地時などには注意が必要です。膝の「 内側ないそく 側副靱帯」の損傷や足首の捻挫などもあります。

 障害では、成長期に起きやすい膝の「オスグッド病」が挙げられます。蹴ることを繰り返すことで膝の軟骨「半月板」を痛めたり、足の甲の部分( 中足骨ちゅうそくこつ )を疲労骨折したりもします。

 一方で、意外と多いのが、腕や手のけがです。ゴールキーパーに限った話ではなく、接触プレーで転倒したり、手をついたりすることで、肘の脱臼や手首の骨折などがよく起きます。

 私自身、中学から大学までサッカーに打ち込みました。5歳から習っていたピアノの先生に「手のけがをしない」と勧められたのがきっかけでしたが、手首の骨折をしました。今思えば、全くの誤解でしたね。

 注意してほしいのが、ヘディング。頭同士を強くぶつけたり頭を蹴られたりして、脳しんとうを起こすことがあります。通常のヘディングでもボールの衝撃は大きく、軽い脳しんとうを繰り返しているとも言えます。

 近年増えている女子選手は、内股で転ぶため、前十字靱帯を損傷しやすいほか、膝のお皿( 膝蓋骨しつがいこつ )が外側にずれる「膝蓋骨不安定症」が目立ちます。

 けがが絶えないスポーツですが、国際サッカー連盟(FIFA)などが作成した予防プログラムが、日本サッカー協会のホームページで公開されています。参考にしてみてください。

松本秀男(まつもと・ひでお)先生、整形外科医

【略歴】
松本秀男(まつもと・ひでお)
 整形外科医。慶応大卒。慶応大スポーツ医学総合センター教授などを経て、2019年4月から現職。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

konabi_logo_200

子どもの健康を考える「子なび」
子どもの健康について考えるコーナーです。各テーマの専門家にアドバイスしてもらいます。

子どもの健康を考える「子なび」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事