文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ココロブルーに効く話 小山文彦

医療・健康・介護のコラム

【Track4】コロナ禍のうつを抜けて――ある高齢者のうつ病エピソード――

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「エイー」「ヤー」「トー!」

 夏休みの道場に、子供たちの掛け声が響きます。その姿をほほ笑ましく見守るソウヘイさん(74)は、この町で30年以上にわたり青少年に剣道を指導しています。

 多くの若き剣士から、「ソウヘイ先生」と慕われ、保護者や学校関係者からの人望も厚く、剣道は、彼にとって生きがいでした。

コロナ禍と友人の交通事故で

【Track4】コロナ禍のうつを抜けて――ある高齢者のうつ病エピソード――

 けれども、今年は例年と異なり、集合しての練習はしばらく行われていませんでした。新型コロナウイルス感染症が 蔓延(まんえん) したことにより、3月中旬から、この道場もいったん閉鎖されていたのです。まだまだ感染の拡大が終息したわけではありませんが、最近になって、万全の対策を講じた上で稽古は再開となりました

 ソウヘイさん自身も、約4か月ぶりに道場に立つことができました。

 「ここに帰ってこられてよかった」

 そうつぶやいたソウヘイさんですが、その理由は、練習が中止されていたからだけではありませんでした。3月下旬から、不眠、食欲低下、気分の落ち込みが続き、うつ病を発症したのです。

 2月下旬、ソウヘイさんの友人が交通事故に遭い、近くの病院に入院しました。知らせを受け、早速お見舞いに病院を訪ねたところ、新型コロナ感染予防のためと、受付で面会を断られてしまいました。

 ソウヘイさんは、「やむをえないな」と理解はしたものの、「けがをした友達の顔も見られないとは……」と、ずいぶん寂しい思いをしたようです。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

koyama-fumihiko_prof

小山 文彦(こやま・ふみひこ)

 東邦大学医療センター産業精神保健職場復帰支援センター長・教授。広島県出身。1991年、徳島大医学部卒。岡山大病院、独立行政法人労働者健康安全機構などを経て、2016年から現職。著書に「ココロブルーと脳ブルー 知っておきたい科学としてのメンタルヘルス」「精神科医の話の聴き方10のセオリー」などがある。19年にはシンガーソング・ライターとしてアルバム「Young At Heart!」を発表した。

ココロブルーに効く話 小山文彦の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事