文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「治療気にくわない」…診療室に金づち持参、担当医の頭殴り骨折させた男逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 通院先の病院で、担当医師を金づちで殴ったとして、大阪府警西堺署は20日、堺市南区の職業不詳内田久夫容疑者(72)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。大筋で容疑を認めているという。

 発表では、内田容疑者は20日午後2時20分頃、堺市中区のベルランド総合病院の泌尿器科を受診。診療室に入り、担当の男性医師(43)の頭や肩を持参した金づち(全長28センチ)で複数回殴り、頭の骨を折るなどのけがを負わせた疑い。病院からの110番で駆けつけた同署員が取り押さえた。

 内田容疑者は調べに対し、「医師の治療方法が気にくわなかった」と供述しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事