文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

医療・健康・介護のコラム

高齢者に多い神経難病 家族だけで頑張らず、早めに介護専門家に相談を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

パーキンソン病は60歳以上では100人に1人

高齢者に多い神経難病 家族だけで頑張らず、早めに介護専門家に相談を

 皆さんはパーキンソン病という病気をご存じでしょうか?

 一般にはあまり知られていませんが、高齢者には比較的多い病気です。全国に約15万人の患者がいますので、国民全体で平均すると、1000人のうち1.5人の割合になります。それが60歳以上になると100人に1人の割合になりますので、約7倍に増加しています。まさに高齢者の病気なのです。100人に1人がかかるのですから、高齢者にとっては決して人ごとではない病気と言えます。

 では、パーキンソン病がどんな病気か、簡単にご説明したいと思います。とは言え、私は医療の専門家ではありませんので、医学的知識を語るのではなく、介護の現場から見たパーキンソン病の特徴をお話しさせていただきます。

特徴的なちょこちょこ歩き 方向転換もしづらく

 介護関係者がパーキンソン病と聞くとすぐに思い出すのが、ちょこちょこ歩きです。パーキンソン病の特徴的症状の一つである無動によるものです。足が動かず、なかなか歩き出せません。歩き出してもすり足で小股になります。そのため、はたから見ると、足をすりながらちょこちょこ歩くように見えます。この特徴的な歩き方を見たら、介護関係者はすぐにパーキンソン病だとわかります。

 また、歩いていて止まりにくくなる、方向転換がしづらい、じっとしている時に体が震えだす、膝や指の筋肉が硬くなって動きにくくなる、などの症状も私たちがよく気付くものです。さらに病状が進むと、首が下がり、前傾姿勢になってきます。話すのも、飲み込むことも難しくなっていきます。

 またパーキンソン病の症状には、物忘れなどの認知症状やうつ症状、幻覚、妄想など、運動障害以外のものもあります。

歩行介助など専門の介護手法がある

 このようにパーキンソン病は、様々な症状があり、生活に大きな支障をきたします。しかし、パーキンソン病は現在、治療法が確立されておらず、難病に指定されています。一度パーキンソン病になってしまったら、一生病気とつきあっていかないといけないのです。

 介護の世界においてパーキンソン病の方に対する介護方法は、一つのジャンルになっています。大勢の介護従業者が、パーキンソン病の高齢者に出会ったことがあると思います。そしてパーキンソン病の高齢者を介護する際には、ちょこちょこ歩きにリズムを合わせて歩行介助するなど、パーキンソン病の症状を理解して介護する必要があります。そのように、パーキンソン病専門の介護手法があるのです。

 もし皆さんのご身内がパーキンソン病になってしまったら、頑張って家族だけで介護するのではなく、早めにケアマネジャーなど、介護の専門家に相談することを強くお勧めします。家族にとっても、本人にとっても、専門家のケアを受けることが大きな負担軽減につながります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里 山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里 山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事