文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

メール誤送信で職場トラブル…「無視され業務外された」と女性税理士がパワハラ提訴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 神奈川、山梨両県の税理士で作る東京地方税理士会(横浜市)でパワーハラスメントを受けたとして、広報部副部長の女性税理士が広報部長ら3人に慰謝料など220万円を求め、横浜地裁に提訴した。7日付。

 訴状などによると、女性は1月、広報部員に誤送信したメールの内容を巡り、広報部長らとトラブルになった。無視されるなどの行為を受けた上、2月に広報部で担当していた業務から外されたとしている。

 同会は、提訴されているのは個人だとし、「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事