文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

治療費と収入減を一時金でカバー…新型コロナ保険、太陽生命が9月に発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 T&D保険グループの太陽生命保険(副島直樹社長)は9月1日から、新型コロナウイルス感染症に伴う出費を保障する個人向け保険「感染症プラス入院一時金保険」を発売する。同社は、生命保険会社が新型コロナに特化した保険を売り出すのは初めてとしている。

 新型コロナウイルスを含む所定の感染症で入院した場合、一括で保険金を受け取れる(最高40万円)。治療費や入院に伴う様々な費用、収入の減少などをカバーし、生活をサポートすることを想定している。

 既存の入院保険に上乗せする形で販売し、保険金を20万円に設定すると、保険料は月額500円程度になる。

 感染防止のため非対面での手続きを希望する人向けに、スマートフォンを使った販売も行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事