文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

大阪の感染者187人、東京の186人上回り最多…死者は全国で14人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
大阪の感染者187人、東京の186人上回り最多…死者は全国で14人

 国内では19日、新型コロナウイルスの感染者が40都道府県と空港検疫で新たに1072人確認された。1000人を超えるのは3日ぶり。大阪は187人で、東京の186人を上回り、全国最多だった。死者は東京や大阪などで計14人に上った。

 東京で1日あたりの感染者が200人を下回るのは2日ぶり。重症患者は前日から1人増え32人。直近1週間の平均陽性率は5・5%だった。186人のうち、20~30歳代が104人と56%を占め、40~50歳代が47人(25%)と続いた。

 大阪ではクラスター(感染集団)が発生した貝塚市の「水間病院」で、新たに職員8人の感染が判明した。福岡県は103人で、5日ぶりに100人を超えた。沖縄県では新たに71人の感染が判明。同県によると、18日までの直近1週間で、人口10万人あたりの感染者数が30・68人に上り、全国最多となっている。

 死者14人のうち、大阪が最も多く、60~80歳代の男女5人。東京は40~90歳代の男性3人で、福岡と沖縄でも各1人が確認された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事