文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

都議会議事堂にある保育所の保育士感染、園児ら33人が濃厚接触

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都は17日、新宿区の都議会議事堂にある区認可保育所「とちょう保育園」の30歳代女性保育士が新型コロナウイルスに感染したと発表した。園児ら33人が保育士と濃厚接触したといい、同園は17日から当面の間休園することが決まった。

 都などによると、保育士は13日の勤務中に身体の痛みを感じたため早退し、翌14日に検査を受けて感染が判明した。同園には都職員の子供ら0~2歳児計35人が通っており、うち園児22人と職員11人の計33人が濃厚接触者と判断され、順次検査を受けているという。

世田谷区議も

 東京都世田谷区は17日、同区の区議1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。会派の控室などを消毒したという。

 発表によると、区議は12日に発熱の症状があり、14日にPCR検査を受け、15日に陽性と判定された。最後に区役所に登庁した11日はマスクを着用しており、区職員や区議に濃厚接触者はいないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事