文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

洋風茶わん蒸し…簡単にエネルギーとたんぱく質もアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回は、簡単にできる茶わん蒸しのご紹介です。

 軟らかくて口当たりもよいので、食べやすい茶わん蒸しですが、本格的に作ると、だし汁をとったり、卵を裏ごししたり、と手間のかかるイメージはありませんか。このレシピでは、粉末のコーンスープのもとを使用して味をつけ、裏ごしもしないので簡単に作ることができます。

 また、卵液をだし汁で伸ばす代わりに、牛乳を使用しているため、エネルギーとたんぱく質もアップします。

  嚥下(えんげ) 機能が低下している方には、クルトンやコーンは取りのぞいて混ぜ合わせましょう。逆に嚥下機能に問題がない方には、クリームチーズやカニカマボコなどの具を入れるとさらにボリュームアップします。

 コーンスープだけでなく、他の粉末スープで作ることもできるので、いろいろな味を試してみてはいかがでしょうか。

[作り方]

(1) ボウルに卵を割って入れ、しっかりとほぐす。牛乳を加えてよく混ぜる。

(2) (1)にコーンスープのもとを加えてよく混ぜあわせる。

(3) (2)を耐熱の器に流し入れ、ラップをする。

(4) フライパンに器の高さの1/3くらいの水(分量外)を入れて煮立たせる。火を止め、(3)を並べて蓋をする。弱火で7分程度蒸す。

(5) ラップを外して、あればインゲンやトマトを飾る。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事