文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

僕、認知症です~丹野智文46歳のノート

医療・健康・介護のコラム

コロナ感染より怖い「拘束」「閉じ込め」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
コロナ禍で、認知症の人が「感染」より恐れること

 認知症当事者のための勉強会「リカバリーカレッジ」を、地元の仙台で開いています。先月は、介護施設での新型コロナ感染を取り上げたNHKの番組を皆で見ました。

 映像では、集団感染が起きた施設で、防護服を着た職員が食事介助などに当たっていました。おそらく入所者の多くが認知症でしょう。全員、顔にぼかしが入っていて表情は分からなかったのですが、普段と違う異様な光景に、不安や恐怖を感じていたのではないでしょうか。

 私にとって、このコロナ禍の本当の恐ろしさは、感染して発症することだけではありません。認知症の人が、不安で落ち着きをなくして、あるいは「感染防止のため」として、縛られたり、閉じ込められたりする心配が、現実になりかねないことなのです。

「わけも分からず入院」の恐怖

 認知症の人を縛る――そんなことが、本当にあるのかと思う人もいるでしょう。この日、勉強会に参加した当事者からも、「そういうのは、昔の話なんじゃないの」という声が上がりました。

 残念ながら、病院で認知症の人が縛られるのは、現代の日本でも全く珍しいことではありません。

 コロナ感染に限らず、認知症の人が入院する時、医師などの病院関係者も家族も、本人には何も説明しないことが少なくないのです。突然、見覚えのない病室に連れてこられて、なぜ自分がここにいるのか、いつ出られるのかも分からないのですから、誰だって不安になります。それで大きな声を上げたり、外に出ようとすれば、職員が駆け寄ってきます。怖くなり、逃げようとして暴れると、「自身や他の人にけがをさせる恐れがある」として、縛られてしまうのです。

 本人の視点を想像してみてください。これ以上の恐怖があるでしょうか。

誰もが危険と隣り合わせ

 体を縛ることが、認知症の人の心や体に与えるダメージは計り知れません。それまでは普通に歩いたりしゃべったりしていた人が、たった1日縛られたら、車いすに座っているのがやっとというほど、状態が悪化してしまうのです。

 私は、認知症の仲間がそういう目に遭うのを度々、見聞きしてきました。「感染防止」が最優先となった今、認知症の人を「縛る」あるいは「閉じ込める」ことのハードルが下がっているのではないかと、危機感を抱いています。私自身も含め、認知症の人は誰もが、この危険と隣り合わせなのです。

本人の視点を忘れないで

 医療・介護関係者や、認知症の家族がいる皆さんにお願いです。コロナ禍で、普段と違うことがたくさんあると思います。「認知症だから、理解できない」なんて決めつけないで、本人にも分かりやすく説明してあげてください。それがうまくいかなかった場合にも、縛ったり閉じ込めたりする前に、本当にそこまでしなくてはならないのか、他に方法はないのか、考えてみてもらいたいのです。

 コロナが猛威をふるう中で、医療・介護に関わる人たちの奮闘には、私も感謝の気持ちでいっぱいです。普段よりずっと大きな負担を抱えて、余裕を失いがちな時だからこそ、認知症の人の視点を忘れないでほしいと心から願っています。(丹野智文 おれんじドア実行委員会代表)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tanno_46

丹野智文(たんの・ともふみ)

 おれんじドア実行委員会代表

 1974年、宮城県生まれ。東北学院大学(仙台市)を卒業後、県内のトヨタ系列の自動車販売会社に就職。トップセールスマンとして活躍していた2013年、39歳で若年性アルツハイマー型認知症と診断を受ける。同年、「認知症の人と家族の会宮城県支部」の「若年認知症のつどい『翼』」に参加。14年には、全国の認知症の仲間とともに、国内初の当事者団体「日本認知症ワーキンググループ」(現・一般社団法人「日本認知症本人ワーキンググループ」)を設立した。15年から、認知症の人が、不安を持つ当事者の相談を受ける「おれんじドア」を仙台市内で毎月、開いている。著書に、「丹野智文 笑顔で生きる -認知症とともに-」(文芸春秋)。

僕、認知症です~丹野智文46歳のノートの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事