文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

一病息災

闘病記

[女優 比企理恵さん]パニック障害(2)恐ろしくなった舞台

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[女優 比企理恵さん]パニック障害(2)恐ろしくなった舞台

 四六時中、言いようのない不安感、恐怖感につきまとわれ、不眠も続いていた。

 舞台俳優としての仕事に影響が出ないはずがない。

 楽屋で一点を見つめたまま動けなくなったり、出番待ちの舞台袖で、いきなり不安に襲われて、パニックを起こしたり。

 異変を察した共演者が、「大丈夫。落ち着いて」と声をかけてくれるが、「大丈夫じゃない!」と、かえって気持ちの収拾がつかなくなる。大好きだった舞台が恐ろしくなっていった。

 デビューしてしばらくは、テレビドラマの仕事が中心だった。だが、主人公をいじめるような敵役が増え、だんだんと嫌気がさすようになった。

 その頃に起用されたミュージカル「ピーターパン」のヒロイン役が高い評価を受け、俳優としての軸足は、テレビスタジオから劇場へと移った。以降、仕事が途切れることはなかった。

 共演者、スタッフが心を合わせて作り上げていく舞台は楽しく、やりがいがあった。そんな大切な場所を、自分のせいで、台無しにしてしまうかもしれない。

 公演期間中の休みを利用して、クリニックを受診した。

 「パニック障害です」

 医師から告げられた病名は、初めて耳にするものだった。薬もあると言われ、ほっと安心した。

 ところが、本当の苦しみはここからだった。

女優  ()()()() さん(54)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一病息災の一覧を見る

最新記事