文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

医療・健康・介護のニュース・解説

夏の太陽 つきあい方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

効果と注意点確認を

夏の太陽 つきあい方は?

  太陽がまぶしいね。紫外線は怖いけど、ずっと屋内にいるのも損した気分。

 ヨミドック 特性や効果を知った上で対策をしっかり、が太陽光とのつきあい方です。

 太陽光は、波長が長い方から暖かさを感じられる赤外線42%、目に見える可視光線52%、見えないし感じることもない紫外線6%の構成です。

 赤から紫まで虹の七色に分かれる可視光線の効果では、朝の太陽光に豊富なブルーライトを浴びると体内時計がリセットされ1日を元気に始められます。外で遊ぶと近視予防になることもわかってきました。バイオレットライトが網膜にある遺伝子に働きかけているとの研究があります。

 “悪役”の紫外線にも、体内でビタミンD生成を助ける効果がありますよ。

  ビタミンD?

  骨を丈夫にします。不足すると、子どもの背が伸びなくなる「くる病」や骨軟化症になります。キノコや魚にも含まれますが、食事だけでは足りません。

  でも浴びすぎはよくないんでしょ、紫外線。

  肌には、シミやしわのほか、皮膚がんにつながるリスクがあります。色白で、日焼けですぐ赤くなるけれど、黒くなりにくい人は注意です。免疫力が下がって唇に水ぶくれができる子どもも。

 目では、白目の奥の細胞が異常に増えて黒目に入り込む「翼状片」や、水晶体が白く濁る「白内障」になる危険があります。子どもや若者は将来発症しやすいので、特に注意です。

  外出には、襟付きの長袖の服や日傘、帽子、日焼け止め剤がいるね。

  サングラスやUVカットするメガネ、コンタクトレンズも効果的です。

  太陽光(紫外線)を浴びていい長さの目安は?

  国立環境研究所地球環境研究センターのサイトに「ビタミンD生成・紅斑紫外線量情報」があります。1日何分浴びれば十分なビタミンDができるのか、肌が赤くなるのかを紹介しています。8月上旬午前8時の横浜なら、半袖で20分日光浴をすればビタミンDは十分だとわかります。参考にしてください。

 (竹井陽平/取材協力=島田辰彦・島田ひふ科院長、佐々木洋・金沢医大眼科教授)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事