文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

きょう都心で36度予想、初の「熱中症警戒アラート」…東京・千葉・茨城に発令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 気象庁は6日、東京、千葉、茨城の1都2県で7日に熱中症の危険性が非常に高まるとして、3都県に「熱中症警戒アラート」を発表した。アラートは、同庁と環境省が7月1日から関東甲信(1都8県)を対象に試験導入しており、発表は初めて。

 気象庁によると、6日の最高気温は富山市で37・5度、兵庫県豊岡市で37・2度となり、今年初めて37度以上を観測。この2市を含む61地点で35度以上の猛暑日となった。

 日本列島は7日も高気圧に覆われ、最高気温は東京都心で36度、千葉市と水戸市で35度などが予想される。

 アラートは、環境省が気温や湿度などを基にして公表している「暑さ指数」が熱中症患者の急増が予想される33以上となるか、翌日に33以上となる場合に発表される。7日は東京、千葉、茨城の一部の市区で33~34と予測されている。

 気象庁は「外出はなるべく避け、室内ではエアコンなどを使ってほしい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事