文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

新・のぶさんのペイシェント・カフェ 鈴木信行

医療・健康・介護のコラム

病気があっても、ありたい自分であるために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

週1回、6週間のプログラム

同協会は2015年、「Sanofi-Rainbow Across Borders Asia Pacific Award」のグランプリを受賞した(左が武田さん)

同協会は2015年、「Sanofi-Rainbow Across Borders Asia Pacific Award」のグランプリを受賞した(左が武田さん)

 「プログラムでは、具体的にはどんなことをするのですか?」

 進行役の2人と、数名~十数名程度の受講生が、全員の顔が見えるように着席し、プログラムに沿って、自分の考えや意見を出し合うという。

 「へぇ、知らない人同士が、いきなり自分の考えや意見を表現するのって、結構、大変そうに思っちゃいますけど」

 素朴な疑問が口から出た。

 武田さんは、「そうそう!」と首をタテに振りながら言う。

 「でも、みんな、病気があるっていう共通点があるので、6回も会っていると、いつのまにか本音が出てくるようになるものなんですよ」

 まさに、それが、このプログラムのすごさということなのだろう。

 武田さんは、カフェを出た後、プログラムの進行役として参加するという。コーヒーはもう飲み終わっている。少しでいいのだが、そのプログラムの内容を教えてほしい。

これからの1週間でやりたいと思うことは?

 「そうですね。このプログラムは、6週間連続で週に1回あるのですが、毎回同じ宿題があります」

 もっと聞かせてほしいという目で彼を見る。

 「のぶさんが、これからの1週間で、自分ででき、かつ、やりたいと思うことは何ですか?」

 いきなり質問された。

 大きなことでなくてよいそうだ。これを毎回考えることで、自然に自分にとっての「充足感ある自立した生活」とは何かが見えてくるという。

 「あとで宿題の答えをメールでくださいね」

 武田さんが笑いながら私に言う。

 会計をして店を出ていく彼の後ろ姿からは、楽しい人生を送り、充実した時間を過ごしていることが伝わってくる。

 「病気のデパート」だと私は彼を表現したことがある。しかし、病気があることと、充実した人生を送れないことはイコールではない。それを彼は、自らを通して体現しているようだ。私は感謝の気持ちで、深くお辞儀し、後ろ姿を見送った。

(鈴木信行 患医ねっと代表)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

suzuki_nobuyuki_300-300i

鈴木信行(すずき・のぶゆき)

患医ねっと代表。1969年、神奈川県生まれ。生まれつき二分脊椎の障害があり、20歳で精巣がんを発症、24歳で再発(寛解)。46歳の時には甲状腺がんを発症した。第一製薬(現・第一三共)の研究所に13年間勤務した後、退職。2011年に患医ねっとを設立し、より良い医療の実現を目指して患者と医療者をつなぐ活動に取り組んでいる。著書に「医者・病院・薬局 失敗しない選び方・考え方」(さくら舎)など。


新・のぶさんのペイシェント・カフェ 鈴木信行の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事