文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

新・のぶさんのペイシェント・カフェ 鈴木信行

医療・健康・介護のコラム

病気があっても、ありたい自分であるために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ここは、ある下町にあるという架空のカフェ。オーナーののぶさんのいれるコーヒーの香りに誘われ、今日もすてきなゲストが訪れて、話が弾んでいるようだ。(ゲストとの対話を、上下2回に分けてお届けします)

武田飛呂城(たけだ・ひろき)さん

【今月のゲスト】
武田飛呂城(たけだ・ひろき)さん

1978年生まれ。東京都在住。血友病・HIV・慢性肝炎・家族性高コレステロール血症当事者。NPO法人日本慢性疾患セルフマネジメント協会理事。他に複数の患者支援団体の役員や委員等も務める。座右の銘は「弱気は最大の敵」。

血友病の武田飛呂城さん(下)

NPO法人日本慢性疾患セルフマネジメント協会で話す武田さん

NPO法人日本慢性疾患セルフマネジメント協会で話す武田さん

 NPO法人日本慢性疾患セルフマネジメント協会理事の武田飛呂城さん。カフェのカウンターに座ってノンカフェインのコーヒーを飲みながら、マスターである私を相手に話をしてくれている。

 さきほどまで、「血友病」「HIV」「慢性肝炎」「家族性高コレステロール血症」といった病気を抱えている様子について、聞かせてもらった。

 「これだけ病気があると、病院に行くのも大変ですね?」

 さぞかし頻繁に通院しているのだろうと想像するが、平日の昼間は仕事で動きにくいはずだし、どう両立しているのか興味があった。

 「月に1日、同じ病院でまとめて複数の診療科を回るので、時間はかかりますよね」

 薬を毎日10錠ほど飲んでいるが、自己管理ができている今は、症状も安定しており、診察の回数なども最低限で済んでいるようだ。

 「複数の病気を、バランスよくコントロールしていくって大変なのでは?」

 「そうなんですよ。医師は自分の担当する科の病気は専門ですけど、他の科の病気となるとどうしても、という面がありますからね」

 医師を批判しているわけでは決してなく、専門性の高い病気について、それぞれの医師のサポートを得ながら、自分の体をコントロールするのは自分自身であるという意識を持っているのだという。

自己管理の大切さ

 「そういう考えって、いつぐらいからあったのですか?」

 「それは、NPO法人日本慢性疾患セルフマネジメント協会のプログラムを受講した20歳代前半の頃からですかね」

 そのプログラムとは、病気を持った方が毎週1回2時間半のワークショップに6回連続で参加する。自己開示が上手にできるようになり、さらには自己管理、セルフマネジメントをできるようになる講座だという。

 「そのプログラムが目指しているのって何ですか?」

 「簡単には治らないような疾患があると、人生の全てがその疾患で占められてしまう思考になりがちです。しかし、そうではなく……」

 確かに、私も生まれたときから二分脊椎という疾患があるし、今はがんも患っている。つい、日々の生活の中で病気のことを真っ先に考えてしまう。

 「そもそもとして、自分がやりたいことや、こうありたいと願う理想の姿があると思うんです。その充足感ある自立した生活を、たとえ治らない病気があっても、営んでいけるような姿になってほしいんです」と、武田さん。

 なるほど。がんがあるから旅行をあきらめるのではなく、がんがあっても好きな旅行に行き続けるにはどうしたらよいかを、考えていくということだろうか。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

suzuki_nobuyuki_300-300i

鈴木信行(すずき・のぶゆき)

患医ねっと代表。1969年、神奈川県生まれ。生まれつき二分脊椎の障害があり、20歳で精巣がんを発症、24歳で再発(寛解)。46歳の時には甲状腺がんを発症した。第一製薬(現・第一三共)の研究所に13年間勤務した後、退職。2011年に患医ねっとを設立し、より良い医療の実現を目指して患者と医療者をつなぐ活動に取り組んでいる。著書に「医者・病院・薬局 失敗しない選び方・考え方」(さくら舎)など。


新・のぶさんのペイシェント・カフェ 鈴木信行の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事